« ハノイ・ノイバイ空港の元神戸市バス(2) | トップページ | 海外譲渡される203系 »

2011年10月 1日 (土)

2種類のタキ1000

矢羽マーク付の青のタキ1000と緑のタキ1000の組み合わせ、

浜五井あたりで見かけたことがあるような気もするのですが、

緑のタキ1000が米タン用ということであれば、

青の矢羽マーク付との組み合わせはレアだと思います。

0011

タキ1000-740・741 (青、矢羽マーク付)

日本オイルターミナル株式会社 川崎貨物駅常備

タキ1000-913 (緑、米タン用)

日本石油輸送株式会社 安善駅常備

2011.9.11. 浮島町にて(敷地外から撮影)

矢羽マーク付の青タキ2両は随分退色したように見えますが、

新造からまだ4年しか経っていません。

青一色に塗り替えられ更新しているという情報もあるので、

矢羽マーク付もやがて絶滅してしまわないか心配です。

写真の米タン用タキ1000は、

8月に甲種輸送されたばかりの新車です。

米タン用のタキ38000も、

あと少しの命になりそうで心配です。

↓ランキングに参加してます。クリックをお願いします!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

« ハノイ・ノイバイ空港の元神戸市バス(2) | トップページ | 海外譲渡される203系 »

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2種類のタキ1000:

« ハノイ・ノイバイ空港の元神戸市バス(2) | トップページ | 海外譲渡される203系 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー